【店主プロフィール】


店主

はじめましてBorn to Grooveの寺尾です。

趣味ではじめたシルバーアクセサリー作り。
元々アクセサリーが好きだったのですが、シルバーに目覚めたのはアメリカを1人で旅した時でした。
今考えるとかなりむちゃな事をしていたんですが、西海岸からニューヨークを目指してアメリカ横断ヒッチハイクの旅(笑)をしていました。
結局、ニューヨークにはたどり着けなかったんですが、旅の途中でメキシコ人の旅行者(不法入国者だったっぽい)と知り合い1週間くらい共に旅をしました。
お互いたどたどしい英語でのコミュニケーションでしたが、むっちゃいいヤツで彼にはいろいろな事を教わりました。
そのメキシコ人の彼と別れ際に「友情の証」として身につけていたアクセサリーを交換したのですが、その時に彼がくれたのがシルバーのリングだったんです。

それまでシルバーリングを持っていなかったわけではないのですが、こういうシチュエーションで手にしたリングには特別な思い入れがありますね。旅の間はもちろん、日本に帰ってからも肌身はなさずそのリングを身につけるようになり、シルバーアクセサリーに興味が出てきたのもこの頃です。

シルバーリング作りをはじめたのは、その後何度かアメリカ横断を試みた時にラスベガスでインディアンと知り合ったのが切っ掛けでした。
当時とても旅行者とは思えない格好をしていたのか(笑)砂漠を放浪中、インディアンに間違われて声をかけられそのまま意気投合。
自宅に連れて行かれ、しばらくそのインディアンの家にお世話になる事になったんです。
…今考えるとアブないアブない。

その時にビーズアクセサリーやシルバーアクセサリーの作り方をいろいろ教えてもらい、アクセサリー作りに目覚めたというわけです。
最初は全くの趣味で、自分用のアクセサリーや友人、知人のプレゼント用に製作している程度でした。
なんせ道具もろくに無かったので、ホンマ1つ作るのに当時はえらい時間がかかってたな〜。
コレを仕事にしようと思い立ったのは、当時よく出入りしていたシルバーアクセのお店で、仲良くなった店長さんに
「今度買い付けに行くから、何か買ってこようか?」と言われたので、3万円くらいかな…渡してお願いしたんですよ。
その後、帰ってきた店長さんに「ほら、お前の分」って渡されたのが小さな段ボールパンパンの指輪達!?
当時は、まだ銀の相場もめっちゃ安くて、卸値で買うと1つ2百円程度。もうこれは、仕入れだっ!
当然もてあましたので、露天やらフリマやらで売り始めたのが商売の始まり。
景気もまだよかったせいか、これが成り立ってもうて、売れたらまた仕入れて売ってを繰り返してたら
結構本格的な商売になってしまったっていう感じですね。

露天商をはじめてしばらくして、インポートのノーブランドの品々を見てると「コレくらいなら俺作れるなっ」っと思い。
本格的に道具を揃えて製作もはじめて、さらにインターネットでの販売もはじめたのが元々の成り立ちです。
今ではもう、銀の相場も上がり、露天商もなんやかんやあって、ネットショップだけとなりました。

インディアン仕込みのシルバーアクセサリー製法なんですが、自分のスタイルとしてはインディアンアクセサリーにこだわった感じではないですね。
…日本人ですし。
当店のデザインのコンセプトは[太陽]と[海]。というと南国なイメージですかね。
メキシカンでもインディアンでもハワイアンでもなく「Born to Groove」独自の世界観を創っていきたいです。
当店では、「どんなファッションにもあわせやすいシンプルでスタイリッシュ」なシルバーリングを中心に販売しています。
全て手作りで1つ1つ丁寧にお作りしてます。
今後もどんどん作品を追加していきたいと考えています。

アクセサリーとしては控えめながら、何か神秘的で不思議な魅力のシルバーリングを是非みなさまもお楽しみ下さい。

我流彫金道(ブログ) 旧ブログ(FC2)

PC PCサイト スマホ スマートフォン
Copyright(C) 2017 Born to Groove,Inc. All rights reserved.