【彫金用語集-道具関連】


ten銀ロウ

ロウ付けに用いる溶着材。
分かりやすくいうと溶接やハンダ付けみたいに、結合部分に熱で溶かしてつなげる際に使用する金属です。
銀と馴染むように、銀に真鍮(銅や亜鉛)等を混ぜた合金で、銀よりも融点(溶ける温度)を下げた金属。
主に2分ロウ/3分ロウ/5分ロウ/7分ロウ/早ロウがあり、何度もロウ付けが必要な場合は、融点の高い銀ロウから順番に使って、最初のロウ付け部分が溶けないように使い分けます。
どれを使ったらいいか迷ったら、5分ロウを使いましょう。
※ちなみに、9分ロウもありますが、黄色味が強いので主に真鍮などのロウ付けに使用します。銀では使いません。

銀ロウ


tenタガネ(鏨)

石留めや彫りや刻印等々、彫金には必須の道具。
炭素鋼や高速度鋼(ハイス)で作られていて、主に金槌で叩いて使用する道具です。
用途に合わせて職人自身が加工して使います。

タガネ


tenヤットコ(矢床/奴床)

地金をはさんで固定したり、曲げたりするペンチのような道具。
用途によって、様々な形のものがありますが、ペンチとは違い、地金に傷がつかないように、挟む部分にギザギザはありません。
職人の個性が出る道具で、ほとんどの職人が自分用にカスタマイズして使います。


tenワックス

ロストワックス鋳造(キャスト)に用いる、原型を作るロウの事。
※ロウ付けのロウとは異なります。
ロウソクのロウと同様に、熱で溶けるので、鋳造の型を取る際に使われます。

ワックス

PC PCサイト スマホ スマートフォン
Copyright(C) Born to Groove,Inc. All rights reserved.