【スターリングシルバー(Silver925)のこだわり】


スターリングシルバー(Silver925)

シルバー(銀製品)と一言でいっても、その純度によって種類がいくつかあります。
銀製品の純度を表すには1000分率を用いていて「1000」「950」「925」「900」「800」等、よく刻印などで表示されているアレです。
「925」というのは92.5%の銀と7.5%の他の金属(銅など)のシルバーという事で、「1000」というのは100%純銀と言うことです。

シルバーの性質上、純度が上がるほど硬度が下がり加工はしやすくなるのですが、変形しやすい性質があります。
クラフトなどに用いられるシルバーは主に「950」(ブルタニア)や「925」(スターリングシルバー)ですね。
当店では、シルバーアクセサリーの主流でもある「925」スターリングシルバーにこだわり、「silver925」スターリングシルバー
のみのシルバー製品を製作しています。
クラフトには「950」の方が加工しやすく向いているんですけどね(笑)
その理由というのは、スターリングシルバーには「セルフハードニング」という特有の特性があり、加熱して溶かしたシルバーを
整形した後、ゆっくり室温くらいまで冷やしてやると最高の硬度になりキズがつきにくくなるんです。
あとは、個人的に好きだからですかね(笑)
「925」と「950」の輝きを目で見比べても違いはほとんど無いのですが、やっぱり個人的にスターリングシルバーの輝きに魅力を感じます。
当店では、素材の純度にこだわり、配合された貴金属の明確な、品質の高いシルバーを使用しております。


【製作技法のこだわり】

スターリングシルバー(Silver925)

シルバーアクセサリーの製法には昔からいろいろな技法があります。
シルバーに限った話ではありませんが、いわゆる「彫金」の技術として「すり出し」「鋳造」「鍛金」等が一般的ですかね。
最近はもっとたくさんの技術があると思いますが、私が知っているのはこの3つです。
「すり出し」というのは、いわゆる「鍛造」で、銀材をヤスリなどの工具を使って削っていき整形する技法です。
「鋳造」というのは「ワックス」という樹脂を削って原型をを整形し、できたカタに銀を流しこんで製作する技法です。
そして「鍛金」というのは、タガネ等の金属で銀材に凹凸をつけて模様を描く技法です。
当店オリジナルのリングは主に「すり出し」と「鍛金」の技法で製作しています。
その理由はなによりコストが安いということ…。
それだけではありませんが、シンプルなデザインのリングを製作するには1番向いている技法ですからね。(笑)
ただ、1つ1つ製作するのに銀材を叩いて鍛えて削って磨いてって作業ですので、時間がかかってしまうのがたまにキズです(笑)
最近では、お客様のご要望に合わせてCAD製作等のマシンメイドも取り入れたりもしていますが、
手間や時間がかかる分、作品に愛着がわいてきますのでオリジナル作品は、主にこの技法での製作をずっと続けていこうと思っています。


【モチーフのこだわり】

シルバーリング

リングに限らず、アクセサリーを選ぶ時の基準になるのが「デザイン」だと思います。
ただ単純に気に入ったとか、このモチーフが好きだとか人それぞれだと思いますが、古くからアクセサリーのモチーフには意味があります。
一般的なのが「クロス」や「ハート」「エンジェル」「クローバー」などなど…。
これらの意味を理解してアクセサリー選びの参考にしても面白いと思います。
これは作り手側のわがままですかね(笑)

当店のコンセプトは「太陽」と「海」。
もちろんこの2つのモチーフにこだわったリングを制作しています。
「太陽」と「海」と言うと何を想像しますか? 南の島や南国のイメージが強いですよね。
私自信「南国」は大好きなんですが、「太陽」と「海」は「光と水」の象徴で、すべての生物が生きて行くために
必要な【エネルギー】という意味なんです。
静かな海辺の「安らぎ」だったり、強い日差しの「元気なパワー」だったり…。
元々、アクセサリーを単なる装飾品では無く、身につけるお守りのようなものととらえていますので、
極東の太陽を国旗に掲げる「日本」で、海に囲まれた島国となれば、「太陽」と「海」は1番の象徴ですよね。
うまく説明できませんが、そういう思いをこめて製作しています。
また、当店のオリジナル商品を気に入っていただいたみなさんが、それぞれのイメージをふくらませていただいても面白いかもしれませんね。

PC PCサイト スマホ スマートフォン
Copyright(C) Born to Groove,Inc. All rights reserved.