【シルバーの手入れ方法】

シルバーアクセサリー、特に指輪などは数が増えてきて古い指輪をひさしぶりに出してみると変色してしまっていたり、つけたまま温泉に入ってしまうと真っ黒になったりと、なかなかデリケートなヤツです(笑)。あと指輪の場合知らず知らずのうちに小さなキズがついてしまったりもしますよね。
でも、ちょっとした手入れをしてやれば簡単に元の輝きを取り戻す事ができます。
変色してしまっても「アジがあってこれが好き」なんて人もいらっしゃいますが、やっぱりシルバーといえばあの輝きが魅力ですよね。とくに当店で扱ってるようなシンプルなデザインのモノは輝きが命!ですから…。
最近はいろいろな手入れグッズがあって、むしろ何を使ったらいいかわからないって方のためにもシルバーの手入れ法をいくつかお教えしますので参考にしてください。


【シルバーは、どうして変色するのか】

シルバーが変色する原因は、空気中に微量に含まれる硫化水素や亜硫酸ガスなどの微量毒素によって、銀表面に硫化膜ができてしまう為です。いわゆる「硫化」というやつですね。
よくシルバーが黒く(茶色く)変色してしまうと、サビていると思っている方もおられますが、「硫化」は「サビ」とは違います。
「サビ」は、鉄などが水に濡れたりすると、赤茶色になるアレです。
決定的に違うのは、「サビ」は金属を浸食して劣化させてしまい、1度錆びると修復はむずかしいですが、「硫化」は金属表面に「硫化膜」ができているだけで、金属内部に浸食しません。ですから、表面を磨くだけで元の輝きが戻ります。
シルバーを黒くする「いぶし」は、シルバーの「硫化」する性質を利用した加工法ですね。
シルバーは、厳密に言うと絶対「サビ」ないわけではありませんが、まず空気中で「サビ」ることはありません。
お持ちのシルバー製品が変色してしまっても、ほとんどが「硫化」しているだけですから、あきらめずに次のページのお手入れを試してみてください。


【変色したシルバーの手入れ】

tenネックレスチェーンやブレスレット等の場合
シルバー専用のクリーニング液がおすすめです。
使い方は簡単で、液の中にシルバーを数秒つけておくだけで元の色に戻ります。
ただ、いぶしの入ったシルバーアクセサリーに使うと一緒にいぶしもとれてしまいますので、いぶしの無いアクセサリーのみにしか使わない方が賢明です。

ten指輪の場合
日常の手入れには、シルバー専用のクロスがいいですね。研磨剤のはいったポリマール等の布で磨くだけです。
少しだけ変色してしまった場合や、手あか等をふき取る普段の手入れにも使えます。
あまり強くこすってしまうと、逆に磨きキズがついてしまう場合もあるので少しずつ丁寧に目で確認しながら磨いていくときれいに仕上がります。
変色や汚れがひどい場合は、洗浄液のスピーディップや、グラノール等の研磨剤を使うと良いです。

tenペンダントやバングル等の大きな品の場合
これも日常の手入れには、シルバー専用のクロスでじゅうぶんですが、変色がひどい場合は「グラノール(旧ウィノール)」を使います。
小さい穴のデザインの部分に汚れがつまってしまったり、クロスの届かない細かい部分の変色が気になる場合は、凧糸で磨きます。
糸ようじの要領で、ただ擦るだけでも結構きれいになりますが、それでもモノ足りない場合は「グラノール」(旧ウィノール)をつけて磨くと綺麗になります。
これはチューブに入ったペースト状の研磨剤なのですが、これが優れもの!これを少量で磨くだけで、綺麗になります。
ただこれも研磨剤ですからつけすぎたり、いぶしの部分をこすってしまうといぶしもとれてしまいますので注意が必要です。

tenちなみに…
聞いた話で実際にやった事はありませんが炭酸飲料につけておくだけでもきれいになるらしいです…。
しかも、気のぬけた飲み残しの炭酸飲料でも大丈夫らしいのですがビールはダメって話ですよ。
あぁ、これはあくまで番外編ってことで今度試してみます…。

あと、身近にあるもので変色してしまったシルバー製品を綺麗にする方法として、鍋に塩水を入れてアルミホイルと一緒にシルバー製品を煮詰めると綺麗になります。
アルミホイルとシルバー製品が完全に塩水につかるようにすると、一瞬できれいになります。
これは実際試しました。

tenさらに…
グラノール(旧ウィノール)のような研磨剤のかわりに、口紅や歯磨き粉でもきれいになるって話も聞いた事があります。
これも試した事がないので責任はとれませんが…、あくまで参考までに。


【キズの入ったシルバーの手入れ】

ten表面がくもる程度の細かなキズの場合
ここでも1番いいのは「グラノール(旧ウィノール)」です。
研磨剤ですので、たいていのキズはきれいにとれます。
やっぱりつけすぎ注意です。
布にグラノール(旧ウィノール)を少量つけて、磨いた後にからぶきをしてやると見事なくらいきれいになります。

ten表面がデコボコになるほどのキズの場合
少しシルバーがやせてしまいますが、耐水ペーパー(紙やすり)で磨きます。
シルバーには普通の紙ヤスリではなく、耐水ペーパーの方が適しています。
だいたい#1500以上もしくは#2000以上の耐水ペーパーで磨いてやるときれいになります。
最後に「グラノール(旧ウィノール)」で磨いてやると完璧です。


【シルバーのお手入れ-まとめ-】

シルバーアクセサリーの普段の手入れには、シルバー専用のクロスがあればじゅうぶんですね。
あとは万能の「グラノール(旧ウィノール)」!これさえあれば完璧です。
ただシルバーアクセサリーの銀の純度によってシルバーの硬さが変わってきますので、磨きすぎにも注意が必要ですね。

身近なところで、眼鏡ふきなんかでも結構きれいになるようですよ。あとメガネ屋さんにある超音波洗浄機。
あれもシルバーアクセサリーに有効です。…ってあくまで参考までに。

当店では、シルバー製品のクリーニングも承っております。(当店購入以外の品も対象)
面倒くさいって方は、お任せください。お好みの状態にクリーニングいたします。
詳しくは下記[アフターサービス]をご覧下さい。

アフターサービス

【シルバーの変色を防ぐ方法】

シルバーの「硫化」を防ぐ方法としては、シルバー製品自体を変色防止剤を使用して、「硫化」しにくくしてしまう事もできます。
これは、銀製品に一度処理すると、6ヶ月〜1年程度変色を防いでくれる優れものです。
日常的に身につけていると、案外変色することは少ないのですが、身につけずにいるとわりと変色していることが多いですね。
シルバー製品を保存する時は、チャック付きの袋やラップでくるむ等の真空密閉状態で保存すると、変色は防げます。

ペアリングなどの大切な指輪を当店でご購入をお考えの方は、「ロジウムコーティング」がオススメです。
当店のハンドメイド商品は、すべて「ロジウムコーティング」可能です。
(有料:2,000円〜)
ご注文の際に、気軽にお申し付けください。

LINEで送る
PC PCサイト スマホ スマートフォン
Copyright(C) Born to Groove,Inc. All rights reserved.